カテゴリー「『行きたい場所、会いたい人』」の3件の記事

2010年4月25日 (日)

『行きたい場所、会いたい人』 第2回

今でも心の中に残っている

★の数ほどある遠い記憶の中で

どの記憶よりも鮮明に浮かび上がる場所、そして人

道民・県民・都民・府民すべてを経験したA氏

僕には、

もう一度『行きたい場所』がある

     『会いたい人』がいる

『いつかあの場所に行ける、いつかあの人に会える』

その願いがあるからこそ

今  

日々を暮らしている この場所で

つらい事も しんどい事も乗り越えていけるのだと思う

『行きたい場所、会いたい人』 第2回

【弘前】

Photo_6 Photo_5 0002

大学時代の4年間を過ごした弘前

Mの出身地でもあるこの弘前は、Aにとっても第2の故郷となっている。

行きたい場所はたくさんある。

行きたい場所・・・

★嫁Mの実家

★Mの友人のオトンとオカンがやっている居酒屋『ちょっ蔵』

★嫁の実家に帰省した時に、毎朝のように行く桃太郎温泉

★学生時代、勉学に勤しんだ弘前大学

と 青春の日々を送った弘前大学

★酒と煙草を手に深夜までと語り合った弘前の飲み屋街『西弘』

★昼夜逆転生活&大学に3ヶ月行かなかった原因ともなった飲み屋でのバイト。弘前の歓楽街『鍛治町』

★学生時代の心と体の帰る場所だったBマンション

★朝方までプレステのウイニングイレブンに明け暮れた人宅のS下宿

★A&M2人で若かりし頃登った久渡寺

★北大のJ氏とさまよった白神山地

★血気盛んな若人のお腹を満たしてくれた『惣菜の佐藤』

★津軽三味線に魅せられた居酒屋『山唄』

★弘前じゃないけど、よくドライブがてらに行ったイオン柏や鯵ヶ沢、黒石、岩木山・・・

行きたい場所を挙げればきりがない。

『行きたい場所には、会いたい人がいる』

会いたい人・・・

Mのオカンや妹、妹の旦那さん『たぁ坊』

そして、昨年秋田でも再会した弘大時代の友人達 『チーム弘大』メンバー Hiro氏・Masa氏・Taka氏・Kazu氏・・・

青森市で働いている、小学校からの友人 Suke氏にも会いたい。

2010年 夏・・・

・・・遂に行ける。・・・そして会える。

今年の夏、長期に渡って弘前に帰郷するのだ。

そして、チーム弘大メンバーとの再会も決定した。

みんなで旅館に一泊する予定だ。

そりゃあ、もう、破天荒な飲みになるだろう。

実に、実に楽しみである。

再会の日を心の糧にして、明日からまた頑張ろうgood

第2回『行きたい場所、会いたい人』 終

そうそう、愛犬シンバ(愛媛出身)にも会いたいね~

0046

2010年3月 6日 (土)

『行きたい場所、会いたい人』

今でも心の中に残っている

★の数ほどある遠い記憶の中で

どの記憶よりも鮮明に浮かび上がる場所、そして人

道民・県民・都民・府民すべてを経験したA氏

僕には、

もう一度『行きたい場所』がある

     『会いたい人』がいる

『いつかあの場所に行ける、いつかあの人に会える』

その願いがあるからこそ

今  

日々を暮らしている この場所で

つらい事も しんどい事も乗り越えていけるのだと思う

『行きたい場所、会いたい人』 第1回

【今はなき弘前ダイエー】

0003

ここは、嫁Mと出会った記念すべき場所である。

大学4年だったA氏と大学1年だった嫁M

ともに弘前ダイエーでバイトをしていた。

地下1階

A氏はミート

嫁Mはグロッサリー

2人は、飲み会を経て、数回のデートを経て付き合うこととなったのだ。

ちなみに飲み会(合コン)は、A氏と共にミートでバイトしていたKO氏の粋な計らいの為に実現した。

A氏が大学進学の為に弘前に来ていなければ・・・

弘前ダイエーでバイトをしていなければ・・・

嫁Mに会えなかった・・・

っていうか、もうこれは必然運命だったのでしょう。

そうなるべくしてなったのだ。

今は、そう思う。

そんな大切な場所、弘前ダイエーは、もうすでにない。

ダイエー撤退後、複合施設としてJoppal(ジョッパル)に変わったが、そこも閉鎖した。

建物は残っていると思うが、中はどうなっているのか分からない。

それでもあの場所は、今でも行きたい場所である。

大切な場所だ。

会いたい人・・・

A氏にダイエー弘前店のバイトを紹介してくれて、嫁Mとの飲み会を実現してくれた弘大同期のKO氏には、いつか会いたい。

          第1回『行きたい場所、会いたい人』 終

2008年4月21日 (月)

弘前の桜

弘前

Mと出会った場所

弘前城

弘前ねぷた

弘前大学

大学寮 ・ N下宿 ・ ビガーズマンション 

岩木山

津軽三味線が聴ける場所

富田飯店

翠明荘

西弘

鍛治町

土手町

久渡寺

さくらの

実業高校前のミニストップ

国道7号線

国道7号線沿いにあるデイリーヤマザキのパン

桃太郎温泉

アップルウェーブ

あの倉庫の古着屋

やけに一品の量の多いあの居酒屋

HOMEWORKS

今はなきダイエー

遠く離れ、なかなか行くことができなくても、あの場所があるから、いつか行こうと決めてるから、今日もがんばろうと思える。

そんな場所が誰にもあるんじゃないだろうか。

それは、例えば故郷の町であったり、

学生時代を過ごした、懐かしい町だったり。

誰にでもそんな場所が1つあると思う。

自分の場合、それは弘前。

今年も弘前の桜は見られない。

でも、いつか、必ず行きたい。

いつかきっと、あの場所へ行けるように。

一歩一歩、焦らず、ゆっくりと頑張っていこう。